目薬を使いすぎるのはよくない

パソコンなどの作業中には意識してまばたきを多くし、日の表面が乾いてしまわないようにすることが大切です。エアコンの使用などで、室内の空気が乾燥している場合、より注意して。携帯用の加湿器を使ったり、おしぼりを机に置くなど、湿度を保つ工夫も必要です。こまめに休憩をとって、日を休めることも重要。ずっと近くのものを見ていると、日の筋肉は緊張したままの状態です。少し遠くを見つめたり、遠くと近くを交互に見たりして、日の筋肉をはぐしましょう。上下左右に眼球を動かしたり回したりするのも日の疲れをとるのに効果的です。目薬を使うのも疲れ目やドライアイの予防にはいい方法。ただし、日薬にはかゆみをおさえるものや、乾燥を防ぐもの、充血をとるものなど成分の違いがあります。自分にあった目薬を選べるよう、薬局で相談しましょう。

 

また、日薬も使いすぎると、逆に目を傷めることにつながるので注意して。使うときには手を洗う、日薬の先端が目やまつげに触れないようにするなど、清潔を心がけましょう。なんだかいつもだるくて、体調がすぐれないという人が増えています。疲れには過度に体を動かしたりすることで起こる肉体的な疲労と、ストレスなどで起こる精神的な疲労があります。どちらの疲れも、不規則な生活や、体を酷使する生活を続けていては、解消される機会がなく、日常的なだるさや倦怠感となってあらわれます。体に必要な栄養がとれていないことも、だるさを招き、疲れを回復させない大きな原因となっています。最近の野菜は、30?“年前にくらべると3分の1ほどの栄養価しかないともいわれ、普通に食事をしていても、思っているほど栄養がとれていないことが多いのです。さらにダイエツトで食事を制限したり、かたよつた食生活をしたりすることで、千不ルギーをつくり出す栄養が不足してしまいます。