メラノサイトとシミの関係

シミはメラニンという色素が肌に沈着してできます。そのメラニン色素をせっせとつくっているのがメラノサイトという細胞です。シミの原因といえば紫外線がまずあげられますが、それは紫外線を浴びると、肌を守ろうとしてメラノサイトが活性化し、メラエン色素がたくさんつくられるからです。メラニン色素は、並日通は新陳代謝(ターンオーバー)によって皮膚が再生されると、垢といっしょに出ていってくれます。でも肌の老化などで新陳代謝が悪くなると、メラニン色素が肌に残り、それがシミになるわけです。肌の老化を促す乾燥も、シミのもととなります。また、女性ホルモンの影響も大きく、卵胞ホルモン(エストログン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)のバランスの乱れはメラノサイトを刺激するため、シミを増やす原因に。

 

さらにストレスも肌を老化させる活性酸素を増やし、この活性酸素が皮膚を刺激することでシミを増やしてしまいます。シミ対策の基本は紫外線から肌を守ることです。ガラス越しでも、曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。季節、天気、室内外を問わず、日焼け止めを使用し、紫外線を浴びない生活をめざしましょう。ビタミンCは色素還元作用があり、ビタミンEには細胞の酸化を防ぐ働きがあります。これらを食事やサプリメントでとり入れて、皮膚の新陳代謝をアップさせましょう。ただしビタミンCを多く含む、キウイ、パセリ、セロリ、そば、野沢菜などの食材には、光の吸収を増幅して日光に当たるとシミをつくる「ソラレン」という物質が含まれています。ですから、日焼けをする前に摂取しないこと。朝は避けて、夜食べることをおすすめします。